ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの交通 >リスボンのメトロ

リスボンのメトロ

リスボンメトロの切符

 リスボンのメトロは運賃が安く、本数も多いため非常に便利です。 年々、路線を拡張させ続けているため、今ではリスボンのほとんどの地域にメトロだけで行けてしまいます。 といっても、残念ながら空港にはまだメトロで行くことができません。 空港までの拡張工事の予定はあるようなので、それまでは我慢するしかないようです。
 4路線(Linha)あり、それぞれLinha Azul(リーニャ・アズール:ブルーライン)、 Linha Amarela(リーニャ・アマレラ:イエローライン)、 Linha Verde(リーニャ・ヴェルデ:グリーンライン)、Linha Vermelha(リーニャ・ヴェルメリャ:レッドライン)と色で呼ばれています。 改札に入ってから出るまでは、乗り換えを自由にできます。
 便利なメトロの問題点は切符のしくみがわかりにくいことでしょう。 事前に下調べをしていないと、チャージ用のカードを山ほど買うことになってしまいます。 また、Zona(ゾナ:ゾーン)もはじめての人にはわかりにくいかもしれません。
 乗り方は日本の地下鉄と大差なく、タッチ式の改札機に切符をかざすと改札を通れます。 切符はリチャージして何度でも利用できるため、使用後も折り曲げずに大事に持っておきましょう。 たまに、駅員が駅で切符のチェックをしています。 チェックに出会った場合は、手持ちの切符を渡せば、駅員が機械で勝手に調べます。 切符の読み取りエラーが起こる場合もあるので、切符を買ったとき(もしくはチャージしたとき)のレシートは保管しておきましょう。
(2009年10月執筆)

METROPOLITANO DE LISBOA
 リスボンのメトロのWEBサイトです。 リスボンのメトロは拡張工事が頻繁に行われているため、ガイドブックに載っている情報はすぐに古いものになってしまいます。 路線図などを一度このサイトで調べておくとよいでしょう。 また、運賃もしばしば変わるので、ご自身で確認してください。 (英語

路線図と時刻表

 まずは、リンク先から路線図英語) を手に入れておきましょう。 というのも、リスボンのメトロは常に拡張工事を行っているため、ガイドブックに載っている情報はしばしば古いものになっているからです。 また、路線図を見てみると、白色と灰色の部分があり、それぞれZoneL、Zone1と呼ばれます。 同じZone内の移動の場合に買う切符がZona1であり、違うZoneにまたがるときがZona2です。 このことについては、切符と運賃のチャージも参考にしてみてください。 ちなみに、拡張の歴史もリスボンのメトロのサイトで見ることができます。
 次に、時刻表を知りたいところでしょうが、メトロに時刻表はありません。 あるのは、電車のインターバル時間英語) です。 つまり、電車がホームを去ったあとに、次の電車が来るまでの時間です。 リンク先から各路線別のインターバル時間を見ることができます。 始発は各路線のターミナル駅から6時半に出発し、終電は各路線のターミナル駅から1時に出発するそうです。

切符と運賃のチャージ

運賃表(2009/10/31時点)
チャージ用カード 0,50ユーロ
普通運賃(Zona1) 0,80ユーロ
普通運賃(Zona2) 1.10ユーロ
1日乗車券 3.70ユーロ

 メトロの切符のしくみは若干わかりにくいので、一つ一つ説明させていただきます。
 メトロは、チャージ用のカード(1枚50セント)があり、そのカードに運賃をチャージするという仕組みになっています。 カードは7 Colinas(セテ・コリナス)というものと、Viva Viagem(ビバ・ビアジェン)というものがありますが、まったく同じものです。 これらのチャージ用のカードは何度でも使うことができ、券売機に差し込んで運賃をチャージすることができます。 つまり、券売機にチャージ用のカードを差し込まなければ、チャージ用のカードを買うことになります。

 このチャージ用のカードには、いくつかのチャージ方法があります。

 一つ目は、普通運賃をチャージする方法です。 普通運賃には1zona(ゾーン)と2zonasの2種類がありますが、1回地下鉄に乗るためのチャージという点で変わりはありません。 zonaについては、路線図と時刻表も参考にしてみてください。
 二つ目はメトロだけでなく、Carrisという会社が運営するバスや路面電車にも乗れる1日乗車券のチャージです。 観光客向けのお得なカードで、最初の乗車から24時間乗り放題になります。 使用後、また同じカードにチャージすれば、新たにカードを買わなくとも、1日乗車券として利用できます。
 三つ目はZapping(ザッピング)というもので、ある程度のお金をまとめて課金するというものです。 JRのSUICAなどと同じ仕組みです。 まとめてある程度の課金をすると、ボーナスのチャージがつきます。 また、単純に運賃の割引を受けたり、他の会社の交通機関へ乗り換えたときに運賃の割引があったりします。

 詳しく知りたい方は、運賃情報英語) をご覧ください。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.