ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの食事 >ポルトガルの料理(無名編)

ポルトガルの料理(無名編)

 あえて無名と言うのは言葉が悪いかもしれません。 ガイドブックなどであまり見かけないものなだけにおそらく観光で訪れるだけでは食べられない可能性が高いです。 実際に、掲載している写真の多くが、工場の食堂で撮ったものです。 だからこそ、まさにポルトガル人が普段から食べている料理が多いとも言えます。
 有名編と無名編の分け方はかなり主観的なものです。 無名編にも普通のレストランで食べられるものが多くあるので、ぜひともポルトガルでの食事計画の参考にしてください。

 ⇒ ポルトガルの料理(有名編)


サルディーニャ・アサーダス

Espada Assadas(エシュパーダ・アサーダ)

 「Espada(エシュパーダ)」とは「剣」のことです。 つまり、太刀魚の塩焼きです。 付け合せに埋もれて見えにくいのが残念なのですが、実は1人前なのに3切れも埋もれています。 お店によって量は違うのでしょうが、単純な塩焼きのため安いです。 太刀魚はポルトガルのレストランでよく見かけます。 スーパーでも一匹丸ごと売られていることがあります。


エシュパダルテ・グレリャード

Espadarte Grelhado(エシュパダルテ・グレリャード)

 カジキマグロのステーキです。 メニューの名前は予想してつけたため、あっているのかはわかりません。 セジンブラなどの海沿いの町で食べると安く食べられることがあるようです。 写真のものは7ユーロ程度だったと思います。 日本人はカジキマグロをステーキで食べる機会があまりないと思いますが、非常に美味です。


パルギーニョ・ノ・フォルノ

Parguinho no Forno(パルギーニョ・ノ・フォルノ)

 「Pargo(パルゴ)」で辞書を調べると「ヨーロッパマダイ」とあったので、これは、小鯛と呼べそうです。 豪華そうですが、作るのが簡単なのか、魚料理では値段は低めです。 しっかりとソースにつけて付け合せの野菜を食べるのも楽しいです。 ただし、食べるときには、うろこにご注意ください。


ベリンジェーラ・フェシェアード

Beringela Recheado(ベリンジェーラ・レシェアード)

 なすの肉詰めです。 メニューとしては、「Carne(カルネ)」つまり肉類のところに書かれていました。 私が食べたものは肉よりもクリームが多い印象があり、ステーキなどの肉に飽きていたのでちょうど良かったです。 家庭的な味がして、食べやすく、お腹がほどほどのときにこれがあると嬉しいです。


ロンビーニョ・デ・ペイシェ

Lombinhos de Peixe(ロンビーニョ・デ・ペイシェ)

 Lombinho(ロンビーニョ)というと肉をイメージしてしまうのですが、たしかに魚料理です。 Peixe(ペイシェ:魚)とも名前にありますし…。 非常に変わったものとは言えませんが、ソースの味はポルトガルらしい味でした。 正直なところ、ポルトガルでもどのくらい有名なものなのかはまったくわかりません。


パエリャ・デ・ペイシェ

Paelha de Peixe(パエリャ・デ・ペイシェ)

 日本で食べるパエリヤに米の感覚は近く感じました。 お店などによって上に乗る具は大きく異なることになるのでしょうが、写真のものは、 カニカマやエイが乗っており、日本ではなかなかお目にかかれないパエリアだと思います。 もちろんPeixe(ペイシェ:魚)とあるので、普通の魚もあります。 日本にもありそうでなかなかない料理です。


アブロテア・コジーダ

Abrótea Cozida(アブロテア・コジーダ)

 Abróteaというのはイットウダイという魚らしいです。 魚でコジーダという名前のついたものは油をつかっていないものが多く、若干さっぱりしすぎた料理法の場合があります。 でも、新鮮な魚なら、本当の魚の味を楽しめます。 イットウダイを楽しんでください。


アンブルゲール

Hamburguer(アンブルゲール)

 ポルトガルのレストランで少しややこしいのが、このHamburguer(アンブルゲール)です。 大衆食堂でも見るメニューなので、つい英語読みをしてハンバーガーと思ってしまいますが、レストランなら基本的にこれはハンバーグです。 注文した後に驚かないようにご注意ください。 写真のものはハムとチーズをハンバーグで挟んだボリュームたっぷりのハンバーグです。

サルディーニャ・フリタス

Sardinhas Fritas(サルディーニャ・フリタス)

 ポルトガルといえば、Sardinha Assada(サルディーニャ・アサーダ)といういわしの塩焼きがとても有名です。 しかし、このいわしの揚げ物もなかなかのものです。 骨も気にせずバリバリ食べると気分爽快です。 ただ揚げただけの単純な味だからこそ美味しいんです。 ちなみに写真に写っている、イワシの下にあるのはリゾットです。


エシュペターダ・デ・タンボリル

Espetada de Tamboril(エシュペターダ・デ・タンボリル)

 Espetada de Tamboril(エシュペターダ・デ・タンボリル)とは「アンコウ串」という意味です。 写真をよく見ていただいたらおわかりいただけると思うのですが、串にささっている白身魚がアンコウです。 この割合だとアンコウ串と言ってよいのかはわかりませんが、アンコウの身はぷりぷりしていて美味でした。 日本でアンコウを串焼きにするイメージはないのである意味新鮮かもしれません。 Espetada(エシュペターダ:串)という単語はレストランでたまに見かけるので覚えておいて損はないでしょう。 ナザレで食べて10ユーロでした。


 ⇒ ポルトガルの料理(有名編)


PORTUGALIA(ポルトガリア)
 関西にお住まいの方で、日本でポルトガル料理を試してみたいならPORTUGALIAに行ってみてはいかがでしょうか? 本格的なポルトガル料理が手ごろな値段で食べられます。 お店はきれいで落ち着いているため、デートにも最適です。
ポルトガル料理レストラン 店リスト (e-food)
 東京にあるポルトガル料理のレストランリストです。 ポルトガルに行く前にポルトガル料理がどんなものか知りたい、ポルトガルから帰ってきてポルトガル料理が恋しい、という人は 日本のポルトガル料理レストランに食べに行きましょう。
ポルトガル料理レシピ (リスボンのくりの家)
 旅の指差し会話帳 ポルトガル版を書いたことで有名なくりかおりさんのWEBサイトです。 ポルトガル料理のレシピは珍しく、写真つきのためどんなものができるかイメージできます。 Arroz de Tamboril(アロース・デ・タンボリル:アンコウのリゾット)などポルトガルでもなかなか見つけにくいもののレシピまであります。 ポルトガル料理に挑戦してみるのは新鮮で面白いものです。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.