ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの食事 >ポルトガルの料理(有名編)

ポルトガルの料理(有名編)

 単純な魚の塩焼きも美味しいし、スペアリブも食べたいところです。 もちろん、煮込み料理やお米を使った料理も忘れてほしくありません。 ポルトガルで何を食べるか考えるのに、参考にしてください。 私が食べたときの感想などを交えて紹介しています。

 ⇒ ポルトガルの料理(無名編)


サルディーニャ・アサーダス

Sardinhas Assadas(サルディーニャ・アサーダス)

 いわゆる、イワシの塩焼きで、ポルトガルのレストランではポピュラーな料理です。 ほとんどのお店にあり、安くて美味しいです。 当たり前ですが、日本人の口にあいます。 プレートの場合、4匹前後乗っているため、十分お腹いっぱいになれるはずです。 レストランのメニューの価格を比較するときには、サルディーニャ・アサーダスの値段を見るといいと思います。


バカリャウ・コン・ナタス

Bacalhau com Natas(バカリャウ・コン・ナタス)

 ポルトガルと言えば、「Bacalhau(バカリャウ):干し鱈」を使った料理でしょう。 Nata(ナタ)とはクリームのことで、これは、バカリョウのグラタンのようなものです。 中に細かく刻んだバカリョウが入っています。 どこにでもあり、フードコートなどでも食べられます。 まさにバカリョウ料理の基本料理です。


アロース・デ・ポルボ

Arroz de Polve(アロース・デ・ポルボ)

 体がこの料理を受け付けなかったため、公正な判断はくだせません。 写真では、よく赤いものを見ます。 多くの日本人から食べてみたいと聞く一品です。


アロース・デ・ガンバ

Arroz de Gamba(アロース・デ・ガンバ)

 えびのピラフです。 私が食べたものは汁気がありませんでしたが、同じ名前で、汁気のあるものが存在すると予想されます。 少し味は濃かったですが、食べるのがつらいようなものではなく、十分に美味しいです。 にんにくとパクチーが効いていました。


アロス・デ・フェイジャアオン

Arroz de Feijão(アロース・デ・フェイジャアオン)

 豆ごはんです。よくプレートのつきあわせで出てきます。 ポルトガルでの位置づけとしては若干サラダにも近いようにも感じられます。 味は塩がきいていて、見た目はほとんどのお店で変わらない気がしますが、味の濃さは大きく変わる気がします。 本日のランチプレートの定番でもあります。


アロス・デ・パト

Arroz de Pato(アロース・デ・パト)

 あひるごはんと訳されていました。 私の食べたものは、あひるのお肉、ベーコン、ソーセージが入っていました。 そして、お米の感触はピラフ風でした。 ポルトガルのワンプレートは大きいことが多いため、お腹いっぱいになります。 しばしば色々なところで見られるポピュラーな料理です。


フランゴ・アサード

Frango Assado(フランゴ・アサード)

 鶏のグリルです。 日本で食べるものと基本的に味は変わりませんが、骨付きで出てくるようです。 どこででも見かけられて、おおむね安い料理です。 ファーストフードなどのお店では作りおきが出てきます。 変わったものが苦手な人や、ポルトガル料理にあきてきたら頼んでみると良いです。


ビトッケ

Bitoque(ビトッケ)

 うすい牛肉ステーキ、目玉焼き、フライドポテトのセットをビトッケと呼びます。 日本の普通の辞書には意味が載っていないこともあります。 見た目からわかるように、基本的に非常に安いメニューです。 お金を節約したいけれど、お腹が空いたというときにうってつけの料理です。


コジード・ア・ポルトゲッサ

Cozido à Portuguesa(コジード・ア・ポルトゲッサ)

 ポルトガル風ポトフです。 私の食べたものは、豚肉・ソーセージ・豆・ポテト・キャベツ・ニンジンなどが入っていました。 単純に塩で焼いた料理の多くも美味しいのですが、せっかくポルトガルに来たのなら、 このようなポルトガルらしいものにも挑戦してみてほしいところです。 よく探せば、意外に安くでも食べられます。


ランボ・デ・ポルコ

Lambo de Porco(ランボ・デ・ポルコ)

 スペアリブです。 写真のものは単に焼いただけの単純なもののようですが、本当においしかったです。 ただ、ナイフ使いになれていないと、骨付きのものは少し食べづらいかもしれません。 食事マナーについては、エビは手を使って食べてもいいをご覧ください。


カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーノ

Carne de Porco à Alentejana(カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーナ)

 Carne de Porco à Alentejana(カルネ・デ・ポルコ・ア・アレンテジャーノ)はアレンテージョ地方を代表する料理の一つです。 豚肉とアサリの組み合わせは日本人には新鮮なはずです。 たとえ、アレンテージョ地方を訪れなくとも、リスボンなどの大都市ではアレンテージョ地方の料理を提供するレストランがある可能性があるので、 ぜひ探してみてください。


フランセシーニャ

Francesinha(フランセシーニャ)

 Francesinha(フランセシーニャ)はポルトが発祥の土地のようです。 ポルトガル北部の町のレストラン等で食べられますが、安食堂でファーストフードのように店のカンバンに出ていることもあるため、見落としがちになります。 薄いステーキの上にソーセージやハムがあり、その上にパンとチーズが乗って、最後にデミグラスソースがかかっています。 これにポテトフライ等が付いてくるため、ボリュームが満点です。


シャンファナ

Chanfana(シャンファナ)

 羊肉のワイン煮込みであるChanfana(シャンファナ)はCoimbra(コインブラ) の名物料理です。 羊肉とワインの組み合わせがヨーロッパらしい料理でもあります。 ジャガイモは肉のうまみのあわさったコクのあるソースをたっぷりかけて食べてください。 メニューにChanfana(シャンファナ)があってもレストランによっては毎日は作っていない場合があります。 席に座る前にChanfana(シャンファナ)があるか訪ねると良いでしょう。


レイタオン

Letão(レイタオン)

 有名な子豚の丸焼きです。 残念ながら、写真を持っていないのですが、本当にまるまる子豚を焼いてしまう豪快な料理です。 皮がさくさくしており、付け合せのオレンジといっしょに食べると、ジューシーとさっぱりのコラボレーションを楽しめます。 Luso(ルーゾ)付近の中部地方の名物でもあります。 もちろん子豚一匹をまるまる注文しなければならないわけではないのでご安心を。


カルデイラーダ

Caldeirada(カルデイラーダ)

 色々な種類の魚が入った煮込み料理です。 ときにはイカなどの魚以外の魚介類が入っていることもあります。 一回で数種類の魚を楽しめるので短い滞在の場合には最適です。 ポルトガルで美味しい魚料理を食べられる町に行ったときには、この魚料理を食べてみるのもよいでしょう。 写真は食堂のものです。 レストランではもっときれいなものが提供されるはずです。

アロース・デ・タンボリル

Arroz de Tamboril(アロース・デ・タンボリル)

 Arroz de Tamboril(アロース・デ・タンボリル)とはアンコウリゾットのことです。 「ポルトガル人もあんこうを食べるの!?」と驚かれるかもしれませんが、ポルトガルではあんこうは一般的な食べ物で、スーパーでも売られています。 一人旅の方には残念なのですが、海鮮系のリゾットは2人前からしか作ってくれないレストランが多いです。

 ⇒ ポルトガルの料理(無名編)


PORTUGALIA(ポルトガリア)
 関西にお住まいの方で、日本でポルトガル料理を試してみたいならPORTUGALIAに行ってみてはいかがでしょうか? 本格的なポルトガル料理が手ごろな値段で食べられます。 お店はきれいで落ち着いているため、デートにも最適です。
ポルトガル料理レストラン 店リスト (e-food)
 東京にあるポルトガル料理のレストランリストです。 ポルトガルに行く前にポルトガル料理がどんなものか知りたい、ポルトガルから帰ってきてポルトガル料理が恋しい、という人は 日本のポルトガル料理レストランに食べに行きましょう。
ポルトガル料理レシピ (リスボンのくりの家)
 旅の指差し会話帳 ポルトガル版を書いたことで有名なくりかおりさんのWEBサイトです。 ポルトガル料理のレシピは珍しく、写真つきのためどんなものができるかイメージできます。 Arroz de Tamboril(アロース・デ・タンボリル:アンコウのリゾット)などポルトガルでもなかなか見つけにくいもののレシピまであります。 ポルトガル料理に挑戦してみるのは新鮮で面白いものです。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.