ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの祝祭日 >祝祭日カレンダー

祝祭日カレンダー

 あくまで、わかる範囲内で紹介しているものであり、年によって日程が変わるものなどに対応できていない可能性が高いです。 ご自身での十分な確認を忘れないでください。 作成の都合上、4月始まりです。

4月
セシュタ・フェイラ・サンタ

Sexta Feira Santa(セシュタ・フェイラ・サンタ)

移動祝祭日(3月後半〜4月の後半)】:イエス受難の日
 ポルトガルの90%の人がキリスト教のカトリックであるため、 イエス様がお亡くなりになられたイエス受難の日はかなり重要な日のようです。 テレビのニュースもほとんどがこのことに関して報道を行っていました。 聖金曜日とも邦訳されているのを見ます。 写真のように夜中に道路を多くの人が行進しながら歌っていました。


5月
ディア・ド・トラバリャドール

Dia do Trabalhador(ディア・ド・トラバリャドール)

5月1日】:メーデー
 旅行日程がこの日と重なると、少し苦労するかもしれません。 というのも、この日は労働者のための日ですから、大型スーパーまでもがすべて閉まってしまうからです。 と言っても、交通機関は動いているのでそこまでは心配しなくても大丈夫かもしれません。
 もちろんこの日の楽しみ方もあります。 リスボンのメトロの駅の一つであるALMEDA(アルメダ)でお祭りが開かれています。 広場で音楽が流れ、屋台が並びます。 かなりアットホームなお祭りで、草むらに寝転びながら、屋台で買ったものを食べるのはかなり気持ちがいいものです。 もちろん、この日はデモ行進があります。


6月
セシュタ・フェイラ・サンタ

Santo Antonio(サント・アントニオ)

6月13日】:聖アントニオ祭
 リスボン最大のお祭で、この日に旅行を組めた人はラッキーです。 アントニオさんという非常に有名な聖人のお祭なのですが、全然厳かではありません。
 お祭自体は12日の夜から始まります。 Avenida de Liverdade(アヴェニーダ・デ・リベルダーデ:リベルダーデ通り)では、 夜から各地域を代表する人達によるマーチが始まり、何時間も延々と続きます。 コンクール形式になっているため、衣装もかなり気合が入っています。 マーチを見た後はアルファマ地区などに移動して、パンの上に乗ったイワシを食べながら、ビールを飲み、 朝まで遊ぶのが基本的なお祭の過ごしかたのようです。
 注意すべきなのは、人が多くスリに注意が多いことです。 さらに、あまりの人の多さに簡単に仲間とはぐれます。 また、イワシの煙が充満しているため、良い服で遊びにいくと悲惨な目にあいます。

セシュタ・フェイラ・サンタ
 マーチを見る前にアルファマでイワシを食べて、その後にマーチを見に行くという方法が賢い方法のようです。 マーチをしっかり見たい人は、マーチが始まる30分前にはリベルダーデ通りに行き、観覧席近くに陣取ると良いでしょう。 私の経験から言うと、東側観覧席の南で見るのがベストスポットなはずです (確信はありませんが、2009年度はベストだったはずです)。 ちなみに13日の夜もアルファマなどではお店が出ていますが、 お昼に行ってもほとんどのお店がしまっています。


São João(サオ・ジョアン)

6月24日】:聖ジョアン祭
 このお祭はポルトで行われます。 理由はよくわかりませんが、プラスチックのハンマーで頭を叩きあうようです。 また、Festa de Santo Antonio(フェスタ・デ・サント・アントニオ)と同様にイワシの塩焼きを食べるようです。 ライブがあったり、花火があったりとこのお祭の間はポルトが沸きます。
 参加してはいないので、詳しくはわかりませんが、ニュースで見た限り楽しいことは間違いないはずです。 ちなに、聖アントニオ祭と同じく、前夜である23日の夜が一番盛り上がるようです。


São Pedro(サオ・ペドロ)

6月29日】:聖ペドロ祭
 聖アントニオ祭はリスボン、聖ジョアン祭はポルト、聖ペドロ祭は地方都市のお祭りのようです。 聞いたところによると、Évoraなどで行われているようです。 たまたま、この時期にアルガルベ(南部地方)に行ったところ、ファロでなぜか27日の夜にお祭りに遭遇しました。 お祭りと言っても、日本の夏祭りのようなものでした。 とりあえず、気分は陽気で楽しいので、機会があれば、是非とも参加してみてください。

11月
サオ・マルティーニョ

São Martinho(サオ・マルティーニョ)

11月11日】:聖マルティーニョ祭
  昔、マルティーニョという人がお腹をすかし、寒さにふるえていた乞食に出会いました。 その日は雨が降っており、乞食のわずかしかない服もずぶぬれになっていました。 マルティーニョは情け深く、この乞食を見てあわれみを感じ、持っていた剣で自分のマントを半分切り裂き、この乞食にあげてしまいました。 すると、雨は止み、太陽が暑く輝き始めました。 そして、この日以降、毎年11月11日ごろになると毎年太陽が夏のように暑く輝くので、 Verão de São Martinho(ヴェラオ・サオ・マルティーニョ:夏の聖マルティーニョ)と呼ぶようになったそうです。
 この日は新しいワインを試し、焼き栗を食べる日となっています。 町のあちこちで焼き栗が焼かれ、焼き栗屋さんもいっぱい現れます。 ちなみにこの日は休日じゃないようです。

12月
ナタル

Natal(ナタル)

12月25日】:クリスマス(12月24日のイヴの方が重要かもしれません)
  ポルトガルはカトリックの国のためか、クリスマスは非常に重要な行事です。 クリスマスが近づくに連れて、みんながうきうきしているのを感じます。 イルミネーションはクリスマスの1月前ほどから飾られ始め、1月ころに取り外されるのが普通です。 そのため、クリスマスを過ぎてからポルトガルを訪れる人でもクリスマスの雰囲気を楽しめるかもしれません。
 ポルトガルのクリスマスの食べ物と言えばバカリョウ(干しダラ)です。 基本的には茹でただけのバカリョウをジャガイモと一緒に食べるようです。 七面鳥は普段の生活でよく食べますがクリスマスの料理ではないようです。 ポルトガルの北部ではタコも食べるようです。
 雰囲気として、クリスマスは日本の正月のようで、親戚が集まります。 イヴとクリスマスは多くのお店が閉まってしまうので、注意しましょう。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。


海外に留学してみたいけれど、どうすればいいかわからないあなたには 地球の歩き方「成功する留学」 がおすすめ。 まずは資料請求と無料相談を。


Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.