ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの便利情報 >ポルトガルの小ネタ

ポルトガルの小ネタ

 ポルトガルに関する知って得するお得情報やどうでもいい小ネタまで、管理人が気づいたことなどを中心に紹介します。 気楽にご覧ください。

バスも鉄道も往復券がお得

 ポルトガル国内の色々な都市に行って見たい人に対するお得情報です。 実は、鉄道の切符やバスのチケットは往復券で買うとかなり安くなることが多いです。 バスの運転手や駅の窓口の人も話が複雑になるためか、外国人相手には、片道にするか往復にするかあまり聞いてこないようです。 切符購入時に、「Ida e volta(イダ・イ・ボルタ:行きと帰り)」と言えば、売ってくれます。 ただし、鉄道のチケットは時間の指定が必要になるなど複雑になる場合があるので、窓口に行く前に時刻表を確認しましょう。

電車を乗り換える場合は切符を別々に買う

 ポルトガル国内を移動するにはしばしば電車の乗換えが必要になります。 ここで注意していただきたいことがあります。 それは、目的地までの切符を出発地で買うと高くなる場合があるということです。 不思議なことにポルトガルでは一度乗り換え駅までの切符を買って、乗り換え駅で目的地までの切符を買うほうが安くなるということがしばしば起こります。 これは、ローカル線を利用するときにしばしば起こります。 たとえば、アヴェイロからポルトで乗り換えて、ギマランイスに行くのなら、アヴェイロでギマランイス行きの切符を買うよりも、 アヴェイロではポルトまでの切符を買い、乗り換え駅のポルトでギマランイスまでの切符を買うほうがお得になります。

コインブラ大学の入場チケットはレシート

 コインブラに訪れた人の大半がまず間違いなく、ポルトガルで最も古い大学であるコインブラ大学を訪れるはずです。 観光スポットである帽子の間や図書館、礼拝堂に入るためには、鉄の門より手前にある左側の建物で入場チケットを購入しなければなりません。 お金を払うと、どこに入場できるか書かれたチケットらしい小さな紙をもらえますが、これは入場チケットではないようです。 お金を払ったときにもらうレシートが入場チケットになるので捨ててしまわないように注意してください。 ただでトイレに入るのにもこのレシートを提示する必要があります。 (2009年12月)

コインブラ大学の図書館や聖堂の入り方

 コインブラ大学の各施設に入るためにチケットを買い、鉄の門をくぐったはいいのですが、 図書館や聖堂が閉まっていてどうしたらよいかわからないと、困り果てる人がいるかもしれません。 図書館や聖堂に入るには中の人に扉をあけてもらわなければなりません。 備え付けられているブザーを押せば開けてもらえます。 (2009年12月)

Quinta das Lágrimas(キンタ・ダス・ラグリマス:涙の館)の2つの入り口

 ペドロとイネスの悲劇で有名なコインブラの涙の館を訪れたい人は多くいらっしゃるかもしれません。 有名な涙の泉は館の庭にあります。 涙の館が現在はホテルになっているため、結婚式などのイベントにより、建物右手にある教会の前を通って、入ることができない場合があります。 せっかく涙の館まで行ったのに、涙の泉を見られないのでは話になりません。 でも安心してください。 実は、庭に入る入り口はもう1つあり、それはゴルフ練習場の裏手にあります。 つまり、一度ホテルの敷地から完全に出てしまい、道路を歩いてゴルフ場の裏手までいけば、涙の泉を訪れることができるというわけです。

パステイス・デ・ベレンは混んでいるように見えても座れます

 リスボンのベレン地区を訪れたなら、是非ともパステイス・デ・ベレンで名物パステイス・デ・ベレン(パステイス・デ・ナタ) を食べてください。 超有名店なだけに店前には行列ができていますが、これは基本的にお土産用のパステイス・デ・ベレンを買うためのものです。 もちろん店内も常に満席状態ですが、見かけ以上に店内は奥に続いており、数分待てば席に着くことができます。

パステイス・デ・ベレンの食べ方

 美味しくて有名なパステイス・デ・ベレンは一人2つ以上注文しなければならないと言われています。 それは、パステイス・デ・ベレンの味は他のパステラリアでは楽しむことができず、しかもお土産に持ってかえることが困難といわれているからです。 長い行列を我慢して待って、お土産に買ってかえったとしても、冷めてしまえばいたって平凡な味になります。 パステイス・デ・ベレンはその場で2つ以上、これが正しい食べ方です。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.