ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの便利情報 >ポルトガルでの防犯

ポルトガルでの防犯

 海外に出て、日本より安全な国というのはもともと少ないのですが、 ポルトガルもやはり日本よりは安全でないと考えた方がよいでしょう。 ヨーロッパでも比較的安全な国といわれているため、あまり神経質になる必要はありませんが、 十分に注意しておく方が犯罪に会いにくく、あったときの精神的損害を考えると、 防犯には力を入れておいたほうがよいと考えられます。 特に、衣服の中にお金やパスポートを隠せる防犯グッズは購入してでも、持って行くことをおすすめします。
 以下にあげることは、私のポルトガルでの体験談なども加えています。参考になれば幸いです。

セキュリティグッズ・鍵 (トラベラーストア)
スーツケースを買うのならトラベラーストアがおすすめです。 その他にも防犯グッズが売られており、品揃えは豊富です。 スーツケースを買うついでに防犯グッズも一緒に買ってしまいましょう。
防犯グッズ (地球の歩き方ストア)
地球の歩き方ストアの防犯グッズコーナーです。 海外旅行と言えば、地球の歩き方というぐらいに有名なだけに、品揃えも旅行者が欲しいものをそろえてくれています。 旅行用品が何でも揃うサイトなだけに、欲しい防犯グッズも本当に簡単に見つかります。

スリ・置き引きに注意

 近年は特にリスボンを中心にスリ等の軽犯罪が増えているそうです。 ポルトガル人も犯罪は増加傾向にあると考えているようです。 日本人観光客は現金を多く持っていることが多いということで、狙われやすいようです。

 対策としては、決して荷物を置いてどこかに行かないことと、後ポケットなど見えないところに貴重品を入れないことです。 また、かばんの外側についているポケットなどに財布をいれるのも危険ですのでやめましょう。 こちらが注意をしていれば、スリも寄ってきにくいものです。 注意していれば、バスなどの交通機関に乗っていても、私はスリに会うような危険を感じたことはありません。

 ただし、公園の茂みに置いていたジャージから10分ほど離れた隙にそのジャージを盗まれた経験があります。 気は抜きすぎないようにご注意ください。

 スリ等への対策としては、写真のような首からさげるセキュリティーグッズが効果的です。 少なくともパスポートと海外キャッシング機能のあるクレジットカード1枚はここに入れておきましょう。 写真は、トラベラーストア様より提供していただいております。

夜にはより一層のご注意を

 リスボン市街地にあるバイロ・アルトには、多くのバーがあり、ファドのレストラン等も多く存在するため、 夜遅くにも歩く可能性が高い場所です。 ポルトガルは宵っ張りの国なので、夜遅くまで遊ぶことは結構なこと (というよりも、レストランが開くのが遅いので自然と遅くなりがち)なのですが、危険なところでもあるので気をつけてください。
 日本では考えにくいことですが、普通に道を歩いているだけで、麻薬(基本的にマリファナ)の売人に会います。 100mも歩けば、少なくとも1人ぐらいから、麻薬を買わないか声をかけられるはずです。 相手を刺激しない程度に、「興味がない」という態度をきっちり見せれば、しつこく絡んできたりはしません。
 また、バーでお酒を飲むときは、どんなに話が盛り上がっても、お酒から目を離さないようにしましょう。 目を話した隙にどんな薬を入れられるかわかりません。 トイレに行くときなどは、友人にお酒を預けていきましょう。 …と、ホームステイ先の人から習いました。
 ハメをはずしすぎず、ちゃんと注意して遊べば、問題ないはずなので、しっかりポルトガルの夜を満喫してください。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.