ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの便利情報 >ポルトガルへの持ち物

ポルトガルへの持ち物

 気候が陽気なポルトガルに何を持っていくべきかはわかりそうでわからないものです。 考えなければならないのは、気候だけでなく、坂の多い街の特徴や陽気なビーチを楽しむための持ち物もそうです。 ポルトガルをより楽しむために、ぜひ持っていってほしいものを紹介します。

観光はノン・スカート、ノン・ハイヒール

ズボン

 女性でスカートをはくのが好きだとおっしゃる方もいるかもしれませんが、基本的にはズボンをおすすめします。 サン・ジョルジュ城などポルトガルの観光名所のいくつかが、高低差のあるところにあるため、 スカートは非常に不向きです。 スカートをはいてきたときの配慮などまったくありません。 現に、現地の人は圧倒的にズボンが多いように思います。
 また、ポルトガルは平地が少なく、リスボンやポルトも坂だらけの町なのでハイヒールだとかなり疲れるはずです。 観光地の中には足場が危険なところもあり、ミュールなどもやめた方がいいでしょう。 ちなみに、シントラなどの観光都市は半分山登りになるのでそのことも考慮にいれて靴や服装を決めましょう。

サングラスと日焼け止めは必需品

サングラス・日焼け止め

 サングラスと日焼け止めはともに必要だと思います。 ポルトガルの太陽はまぶしく、進行方向に太陽があるときは、 サングラスなしに目を開けて歩くのがつらいこともあります。 もちろん、日が強いため日焼けもしやすいです。 ときには肌が焦げるのを感じるほどです。
 私も日本ではサングラスをほとんど使ったことはありませんでしたが、買いました。 観光地でも売っていますが、UVカットのマークがついていないなどあやしいものもあります。 特におしゃれなものにこだわりたいのなら日本で買っていくといいでしょう。 そうでなければ、ポルトガルで買ってもいいでしょう。 日焼け止めもポルトガルのスーパーなどで買うことはできます。 ただし、観光の時間を大事にしたいなら、どちらも日本から持っていったほうがよいでしょう。 渡航時に、日焼け止めは機内への持込みができず没収される可能性があるので、スーツケースと一緒にあずけることをおすすめします。

サングラス選びの基礎知識 (JIN's オンラインショップ)
 JIN's オンラインショップにサングラス選びのポイントが書かれています。 自分に合うサングラスを買うのは本当に難しいものです。 ぜひサングラス選びの参考にしてみてください。 しかも、JIN's オンラインショップは商品の種類が豊富でフレームの形からサングラスを探せるのでおススメです。

水着よりもサンダルが大切

サンダル

 夏場でビーチに行く予定なら、サンダルと水着は持って行きたいところです。 荷物になるのはつらいところですが、あった方がビーチに行ったときに楽しいこと間違いなしです。 少しでも荷物を減らしたいという人のためにアドバイスをするなら、水着よりもサンダルの方を優先するべきだと思います。 ポルトガル人の場合、ビーチに行っても必ずしも泳ぎを目的にしていません。 ビーチを散歩したり、日に当たったりしながら、たまに海に少し足をつけるだけで、十分に気持ちよく、楽しいからです。 私も水着を持たずサンダルと本だけを持って、ビーチで読書をしていることがあります。

Lady Cat
海外のビーチはビキニの人ばかりです。 中には上半身裸のヌーディストもポルトガルのビーチにはいます。 せっかくポルトガルのビーチに行くなら、海外輸入のセクシー水着を持っていくのもいいかもしれません。 日本では着づらいものも着れるので、いい思い出になるかもしれません。

コインランドリーがありません

クリーニング

 バックパッカーや学生への悪いお知らせです。 探せばもしかしたらあるのかもしれませんが、基本的にポルトガルにはコインランドリーはありません。 これは、筆者の経験からだけで書いているのではなく、語学学校の教科書に書いてありました。 「服を洗濯機に放り込んで、コインを投入し、乾燥機で乾かす」というようなセルフサービスのコインランドリーは ポルトガルに存在しないようです。 そのため、洗濯をちゃんとしたければ、クリーニングに持っていくしかないらしいです。 知人の旅行者はコインランドリーがなくて、クリーニングに持っていったら高くついたと言っていました。 ポルトガルに来るときには着替えの服を多めに持って、 クリーニングにあまり出さないですむようにすることが、求められそうです。 もしくは、ホテルで手洗いをして、乾かすためのセットを持っていくことをオススメします。 地球の歩き方ストア で洗濯用品を探せば、便利なものに出会えます。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.