ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルの便利情報 >ポルトガルでのお金に関して

ポルトガルでのお金に関して

 お金は大切ですよね。 ポルトガルの通貨は何でしょう? もちろんユーロです。
 いざ海外旅行となると、現金を持っていく量やクレジットカードの種類が気になるものです。 以下では、ポルトガル旅行で役立ちそうなことを紹介します。 ただし、申し訳ありませんが、トラベラーズチェックなどの詳しい説明は省いてあります。 適宜リンクを貼りますので、リンク先の情報をご参考ください。

ユーロの用意の仕方

 ポルトガルでごはんを食べたり、お買い物をするにはユーロが必要です。 ポルトガルでのユーロの利用法はいくつかあります。 基本的には、以下の4つでしょう。 それぞれ、欠点と利点がありますので、組み合わせて用意するのが良いと思われます。

  • 現金(紙とコイン)
  • トラベラーズチェック(いわゆるTC)
  • クレジットカード
  • 国際キャッシュカード

 ポルトガルはカード社会と聞いて、クレジットカードだけで、ポルトガルに来ようと思うと若干高くつきます。 というのも、ポルトガルはカード社会と言っても、ポルトガルの銀行のデビットカード社会というだけで、 お店では、しばしばクレジットカードが使えないことがあります。 plusマークのあるクレジットカードなどは、いたるところにあるATMで現金を引き出せますが、高くつきます。 そのため、現金もある程度用意する方が良いでしょう。

 トラベラーズチェックは安全度が高く、換算レートが良いのですが、ユーロで使用する際に、しばしば手数料がかかります。 トラベラーズチェックの提携銀行で現金化すれば、手数料がかからないのですが、 アメリカンエクスプレスのTCを無料で現金化する銀行が2009年05月でポルトガルからなくったようです (これには困りました)。

 国際キャッシュカードは海外旅行をよくする人や海外で生活する人にはいいのですが、 カードの作成にお金がかかる場合があり、海外で現金を引き出すのにも手数料がそれなりにかかるため、 頻繁に利用する必要がありそうになければ、あまり勧められません。 現金が急に必要になった場合は、いざとなれば、クレジットカードを使えます。 ちなみに、1日にATMで引き出せる現金は200ユーロまでと定められているようです。
 というわけで、おすすめの方法は以下のものです。

「可能な限りクレジットカードで支払い、不可能なら現金で支払う。 トラベラーズチェックは財布紛失時などの緊急用に為替の良いときに準備。 現金は旅行の時間を惜しんで日本の銀行で先に換金して持っていく。 将来も使う予定があるなら、国際キャッシュカードも悪くはない。」

(2009年6月執筆)

欧州 ユーロ / 日本 円(Yahoo!ファイナンス - 外国為替情報)
 ユーロとの両替をするなら為替が気になるところでしょう。 特にポルトガル長期滞在者はどのタイミングで円をユーロに変えるかで、ふところ具合が大きく変わります。 Yahoo!ファイナンスならチャートで為替の動きが見れるので便利です。
トラベラーズチェックまるわかりガイド
 トラベラーズチェックのことならほとんどこのサイトだけでわかります。 詳しい情報があるので、このサイトの説明を見れば、初心者でもトラベラーズチェックが使えるようになります。 使い方などの基本情報だけでなく、手数料、換金方法、銀行比較、両替に関してまで詳しく紹介されています。
国際キャッシュカード情報局
 国際キャッシュカードに関してはここで調べましょう。 国際キャッシュカードを発行している銀行の比較や、カードがATMに吸い込まれたときの対応など、重要な情報があります。 今まで、国際キャッシュカードを利用したことがない人はしっかりと比較した後にカードを作るとよいでしょう。

ポルトガルでは特に小銭を大切に

 ポルトガルでは小銭を作る意識を常に持ちましょう。
 というのも、偽造紙幣を恐れているのか、お店の人が金額の大きな紙幣を受け取るのを嫌がります。 1ユーロぐらいの買い物で20ユーロ紙幣などを渡すと、「もっと細かいのがないのか?」とすごく嫌な顔をしながら、 尋ねてきます。場合によっては受け取ってくれないこともあります。

 また、自動販売機や路面電車の自動券売機では紙幣が使えません。 小銭がないために水を買えなかったり、路面電車に乗れなかったら悲惨です。 ご注意ください。

 とにかく、多くのお店がこちらの払い方に文句つけてきます。 文句をつけられると、すぐに日本人はこちらが悪いと思ってしまいますが、気にしたら負けです。 「大きい紙幣でしか払えない。これで払われるのが嫌なら違う店に行く!」 という意識で、しっかりと主張しましょう。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.