ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページポルトガルのカフェ >カフェ・パステラリア

カフェ・パステラリア

 Pastelaria(パステラリア)はお菓子を特に専門に扱うカフェのことを指します。 そして、ポルトガルでは、カウンターで立ちながらお菓子を食べたり、コーヒーを飲んだりすることができます。 Bar(バル)でタパスを食べたり、ビールを飲んだりする代わりに、お菓子を食べたり、コーヒーを飲んだりするところと言えばわかりやすいでしょうか。 といっても、パステラリアがレストランを兼ねていることもあり、カフェとの違いを定義しづらい部分があります。 お菓子のショーウィンドウを持っていたら、とりあえず、パステラリアと呼んだらよいと思います。 時間が許すなら、立ち食いだけでなく、外の席を選んで、ポルトガルの太陽を浴びながら、 美味しいお菓子をほおばり、ほのぼのとしたときの流れを楽しんでみてください。

 お菓子のボリュームが多いことからも、パステラリアでお昼をする人が多くいます。 私自身も節約できることもあって、お昼は基本的にパステラリアで食べていました。 お菓子だけでなく、普通のパンがあったり、スープがあったりするので、栄養の偏りもさほど心配ありません。 一度、昼食代わりにパステラリアに行くこともポルトガルの文化を知るのにいいはずです。

パステイス・デ・ベレン


 写真は「Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ)」というお菓子で超有名な「Pastéis de Belém(パステイス・デ・ベレン)」というお店です。 できたてが出てくるため、皮がさくさくしており、美味です。 その名のとおり、リスボンのベレン地区にあるので、ベレン地区に観光に行ったときには必ず寄りたいお店です。 行列ができていますが、お店が広いため、案外座れます。詳しい位置は33Qのポルトガル地図で確認してください。

 ちなみに、外の席に座っても後払いの場合が多くあります。 ここらへんは、食い逃げなどをされないという信頼で成り立っているように思われます。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。



Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.