ポルトガルに旅行する人、ポルトガルで観光する人、ポルトガルで生活する人。ポルトガルで生活した経験をもつ日本人の作ったお役立ちサイトです。

トップページ >ポルトガルのカフェ

ポルトガルのカフェメニュー

ポルトガルはエスプレッソコーヒーが美味しいので有名な国です。 ポルトガルの本格コーヒーを飲んだら、コーヒーの真の味に目覚めるはずです。 BMWが作った高級コーヒーメーカー Saeco Talea Giro で贅沢してみるのもいいでしょう。 家でも美味しいコーヒーが飲める、こんな嬉しいことはありません。


カフェ・パステラリア

 Pastelaria(パステラリア)はお菓子を特に専門に扱うカフェのことを指します。 そして、ポルトガルでは、カウンターで立ちながらお菓子を食べたり、コーヒーを飲んだりすることができます。 Bar(バル)でタパスを食べたり、ビールを飲んだりする代わりに、お菓子を食べたり、コーヒーを飲んだりするところと言えばわかりやすいでしょうか。 といっても、パステラリアがレストランを兼ねていることもあり、カフェとの違いを定義しづらい部分があります。 お菓子のショーウィンドウを持っていたら、とりあえず、パステラリアと呼んだらよいと思います。 時間が許すなら、立ち食いだけでなく、外の席を選んで、ポルトガルの太陽を浴びながら、 美味しいお菓子をほおばり、ほのぼのとしたときの流れを楽しんでみてください。

 お菓子のボリュームが多いことからも、パステラリアでお昼をする人が多くいます。 私自身も節約できることもあって、お昼は基本的にパステラリアで食べていました。 お菓子だけでなく、普通のパンがあったり、スープがあったりするので、栄養の偏りもさほど心配ありません。 一度、昼食代わりにパステラリアに行くこともポルトガルの文化を知るのにいいはずです。

パステイス・デ・ベレン


 写真は「Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ)」というお菓子で超有名な「Pastéis de Belém(パステイス・デ・ベレン)」というお店です。 できたてが出てくるため、皮がさくさくしており、美味です。 その名のとおり、リスボンのベレン地区にあるので、ベレン地区に観光に行ったときには必ず寄りたいお店です。 行列ができていますが、お店が広いため、案外座れます。詳しい位置は33Qのポルトガル地図で確認してください。

 ちなみに、外の席に座っても後払いの場合が多くあります。 ここらへんは、食い逃げなどをされないという信頼で成り立っているように思われます。

食&レストラン&カフェ(spacesisのポルトガル・ロマン)
 ポルトと言えば、spacesisさんのWEBサイトです。 ご本人が足を運んで気に入ったカフェを紹介しているそうです。 写真が満載で1つ1つのカフェを丁寧に説明されています。

ポルトガルのコーヒー

 ポルトガルのコーヒーは、容器が違うだけでまったく異なる名前になってしまうため、カフェで注文するのが案外と難しいものです。 メニューを見ても、事前知識がないと何が出てくるのかまったくわからない可能性があります。 逆に、先に名前を覚えてカフェに行くと注文するのが楽しくなります。 概して安く、普通のカフェで飲むコーヒーなら1杯1ユーロぐらいで飲めます。

ビカ・カフェ

Bica(ビカ)またはCafé(カフェ)

 ポルトガルの普通のコーヒーはこのエスプレッソコーヒーです。 小さなカップに7分程度入っています。そのまま飲んだらかなり苦くて目が覚めます。 この小さなカップに砂糖をいっぱい入れて飲むのが普通のようです。 お店によっては砂糖を2袋渡してくることもあります。 日本と異なり、ミルクは付いてこないので、ご注意を。


ガロト

Garoto(ガロト)

 Bica(ビカ)にミルクを足したコーヒーです。 日本でもコーヒーにミルクを入れる人ならこれを頼めば、失敗はないでしょう。 一番、日本人に受けやすいコーヒーだと思います。 ほとんどのお店で注文できるので、迷ったらこれにするといいでしょう。


カリオカ

Carioca(カリオカ)

 お湯を加えて、Bica(ビカ)より少し薄めたものです。 量はビカと変わりません。 後から薄めているためか、コーヒー味にうるさい方は文句があるかもしれませんが、 日本の濃さのブラックを飲みたいならこれです。 砂糖はちゃんとついてきます。


メイア・デ・レイテ

Meia de Leite(メイア・デ・レイテ)

 「半分ミルク」という意味です。 Bica(ビカ)などのカップよりも大きめのカップで出てきます。 個人的な感覚ですが、量はガラーオンとほとんど変わらない気がします。 量の多いミルクたっぷりめのコーヒーをイメージしていただければいいと思います。


ガラオン

Galão(ガラオン)

 ガラスのコップに入って出てくるコーヒーミルクです。 いっぱい飲みたい人はこれを注文するべきです(そんなに大きなコップではありませんが)。 ただし、量が多い分、他のものに比べて若干値段も高くなります。 取っ手がないことが多く、熱々のコーヒーが入っているときは、手が熱く感じることも・・・。 私はこのGalão(ガラオン)をいつも注文します。


セバダ

Cevada(セバダ)

 コーヒーのように見えますが、これはCevada(セバダ)という飲み物です。 Cevada(セバダ)とは「大麦」という意味で、いわば麦茶を濃くしたものと考えてもらったら良いでしょうか。 味はだいぶコーヒーに近く、意識すれば麦の味がすると思います。 コーヒーに似ているため、ポルトガルの甘いお菓子ともあいます。


シャ

chã(シャ)

 発音から想像できたでしょうか? いわゆる、紅茶です。 基本的には写真のようにポットに入って出てきて、自分で注ぎます。 いっぱい飲めるのですが、多くのお店はティーバックですのであしからず。 何がお茶の種類を聞かれて困るかもしれませんが、 セイロンなど日本でも馴染み深いものが意外に多くあるので、それらしいものを答えればなんとかなります。


 さらに、若干の豆知識
 「claro(クラーロ)?」、「escuro(エシュクーロ)?」と聞かれたら、 ミルクが多いのが好きなら、「クラーロ(:明るい)」と、ミルクが少ないのが好きなら「エシュクーロ(:暗い)」と答えてください。 まぁ、日本人ならめったに聞かれないと思います。 私はポルトガル語で注文しても聞かれたことがありません。 もちろん、自分から言っても問題はありません。

 一方、「cheio(シェイウ)?」、「Normal(ノルマル)?」とは聞かれたことがあります。 「シェイウ」は「いっぱい」、英語のfullという意味です。 飲みたい量を考えて答えてください。

 Galão(ガラオン)を作るときにコーヒーを直接マシンで入れるか、 カップに入ったものを入れるかで、そのお店の質がわかります。 もちろん美味しいのは直接マシンで入れたものです。 "Queria um Galão com café de máquina. (ケリア ウン ガラオン コン カフェ デ マキナ)" とあえて言えば直接マシンから入れてくれるはずです。 と言っても、多くのお店が直接マシンで入れてくれますので、あえて言う必要はないと思います・・・。

タレアジロ
 ポルトガルのコーヒーはおいしいことで有名です。 そんなコーヒーに慣れてしまえば、帰国後に飲むコーヒーは若干味気なくなってしまいます。 この「タレアジロ」は、イタリアのエスプレッソマシン名門メーカーであるサエコ社とドイツの車メーカーBMWが作り上げたエスプレッソマシンです。 このエスプレッソマシンで淹れたコーヒーを提供するためだけに、ホームパーティーを開きたくなるような味を楽しめます。

ポルトガルのお菓子

 ポルトガルの良さを語るときには、ワイン、サッカー、温暖な気候などが出てきますが、私はポルトガルのお菓子を一番すすめたいです。 (パステラリアやカフェに関してはカフェ・パステラリアで特集しているので、そちらをご参考ください。) 本当においしいです。 しかも、安いので小腹が空いたらついついお茶をしながら食べてしまいます。 当たり前のことですが、お店によって味が大きく違います。 冷めると食感が変わるものもあるので、できるだけ、お客さんが多く入っていて、商品の回転が速そうなところを選びましょう。

 ポルトガルのお菓子は味重視なのか、見た目はほとんどが茶色でシンプルです。 しかし、口に入れたときの感動は他ではなかなか味わえません。 甘みが強いものが多いため、コーヒーと一緒に食べることを勧めます。

パステル・デ・ナタ

Pastel de Nata(パステル・デ・ナタ)

 ポルトガルを代表するお菓子です。 パステラリアには必ずあると言っていいほど定番のお菓子です。 リスボンのベレン地区にある「パステイス・デ・ベレン」はパステル・デ・ナタで非常に有名なお店で別格に扱われています。 ポルトガルに来たら必ず押さえたいお菓子です。


パステル・デ・フェイジャオン

Pastel de Feijão(パステル・デ・フェイジャオン)

 Feijão(フェイジャーオ)とは豆のことです。 始めて見たとき、肉と豆の煮込んだものにチーズがかかっている惣菜パンのようなものかと思いました。 実際には、上にかかっているものは砂糖で、肉など入っていません。 中は黄色い甘い餡が入っています。 小豆とは味が違うのですが、お菓子に豆を使う発想は同じところから来ているのでしょう。


トラベッセーロ

Travesseiro(トラベッセーロ)

 中にカスタードクリームが入っていて、外はさくさくのパイ皮です。 ぽろぽろ崩れるため、きれいに食べるのが難しいのですが、美味しいので細かいことは気にしたらダメです。 シントラのものが有名なようです。 「Travesseiro」とはポルトガル語で「枕」という意味です。


ケイジャーダ

Queijada(ケイジャーダ)

 ケイジャーダとは「チーズタルト」という意味です。 一口にケイジャーダと言っても多くの種類があって、全部を食べつくすのは大変です。 一番シンプルなケイジャーダは周りにパリパリした皮がついており、甘みはポルトガルのお菓子の中では抑え目で、シントラのものが有名です。


ケイジャーダ・デ・アメンドア

Queijada de Amêndoa(ケイジャーダ・デ・アメンドア)

 シンプルなケイジャーダがポルトガルのお菓子の中では抑え目なのに対し、ケイジャーダ・デ・アメンドアは甘みが強いです。 アメンドアとはアーモンドのことです。 甘みが強いため、コーヒーなどをつけるのを忘れないように注意してください。


ケイジャーダ・デ・ラランジャ

Queijada de Laranja(ケイジャーダ・デ・ラランジャ)

 Laranja(ラランジャ)とは、オレンジのことです。 色もそれらしい色をしているので、あると気づくはずです。 食感はもちもちしていてます。 よく見かけるQueijada(ケイジャーダ)です。


ケイジャーダ・デ・レイテ

Queijada de Leite(ケイジャーダ・デ・レイテ)

 私の大好きなお菓子の1つです。 もちもちした食感がたまりません。 甘みも適度で日本人の口に合うはずです。 数あるQueijada(ケイジャーダ)のシリーズの中でも一押しのお菓子です。


ケッケ・デ・ノシュ

Queque de Noz(ケッケ・デ・ノシュ)

 クルミの入ったケーキです。 日本でもみられるタイプのケーキであり、味もとくに変わりません。 ボリュームがあることが多いため、ごはん代わりにできます。


トロウシャ

Trouxa(トロウシャ)

 卵の巻き菓子と訳されているのを見ます。 中にクリームが入っており、甘みが強くて意外にお腹にたまります。 見た目がきれいなため、お菓子を選ぶときについ目に入ります。


ボロ・デ・ボラシャ

Bolo de Bolacha(ボロ・デ・ボラシャ)

 Bolacha(ボラシャ)とはクッキーのことで、訳すと、クッキーケーキです。 と言っても、食べたときには、どこらへんがクッキーなのかはわかりませんでした。 おそらく茶色の部分がそうなのでしょうが・・・。 どこにでも置いてあって、すぐに見つけられるケーキです。


ボロ・レイ

Bolo Rei(ボロ・レイ)

 訳すと王様のケーキという意味のクリスマスに食べるケーキです。 といっても、スーパーで年中買えるケーキです。 ドライフルーツやナッツがふんだんに入っており、甘みは抑え目で、菓子パンのようです。 どうもポルトガルの王様のケーキは体に良さそうなお味がしますw


アローズ・ドセ

Arroz Doce(アローズ・ドセ)

 お米の入ったプリンです。 柔らかいつぶつぶのお米の食感が独特です。 「甘いお米」というので、躊躇するかもしれませんが、プリンが好きなら問題なく、美味しく食べられるはずです。 上にかかっているのはシナモンで食べる直前にかけてくれます。


モロトフ

Molotof(モロトフ)

 カラメルソースがかかっていて、見た目はプリンのようなのですが、不思議な食感を持つお菓子です。 口に入れたら、とけるような、小さくつぶれるようなよくわからない感じを楽しみながら食べます。 ただし、カラメルソースをかけ過ぎると、口が溶けるほど甘いのでご注意を。


オボス・モレス

Ovos Moles(オボス・モレス)

 アヴェイロを代表するお菓子です。 リスボンでも購入できますが、アヴェイロのものがやはり良いと知人のポルトガル人が言っていました。 中の黄色の餡は卵で作られており、最中に似ています。 魚型やたる型など、様々な形状のものがあってかわいく、買うときには形も見て買って欲しいです。 数日はもつため、お土産に便利です。


カステラ

Castella(カステラ)

 日本人なら誰でも知っている長崎名物カステラです。 もちろん、これはポルトガルのお菓子ではありませんが、カステラのルーツはPão-de-ló(パオ・デ・ロ)にあると言われています。 リスボンにあるパステラリア、CASTELLA DO PAULOでは、 長崎でカステラ作りを学んだポルトガル人の菓子職人によるカステラとパオ・デ・ロの食べ比べができます。


パオ・デ・ロ

Pão-de-ló(パオ・デ・ロ)

 見たことも聞いたこともないお菓子でしょうが、日本人にとって関わりの深いお菓子です。 というのも、パオ・デ・ロはあの長崎名物カステラの原型といわれているからです。 アヴェイロ周辺のパオ・デ・ロは中を半生状態で焼き上げたものが多いです。 もちろんしっかり焼き上げたものもあり、どちらが良いかは好みによるでしょう。


トルタ・ケイマーダ

Torta Queimada(トルタ・ケイマーダ)

 ポルトガルのお菓子は見た目はあまりきれいではないけれど、味が良いというのが特徴です。 そんな茶色だらけの焼き菓子のなかでこのTorta Queimada(トルタ・ケイマーダ)の黄色は華やかで美しく見えます。 見た目だけでなく、もちろん味もいけます。 なぜか大きいサイズで売られているので、これを食べるとごはんの代わりになってしまうほど、お腹がふくれていまいますのでご注意を。


デリシアス・デ・レイテ

Delicias de Leite(デリシアス・デ・レイテ)

 ぱりぱりした皮のないPastel de Nata(パステル・デ・ナタ)に近いような気もしますが、 しっかりとしたフォークで食べるようなケーキの味に近い気もします。 甘みは強いですが、シンプルな味なので多くの人が食べやすく感じるでしょう。 コーヒーと一緒に食べるといっそう美味しく感じます。 ポルトガル語の訳は「ミルクの美味しいもの」という感じです。


マサ・アサーダ

Maça Assada(マサ・アサーダ)

 いわゆる焼きりんごです。 聞いたところによると、火を通りやすくするために、芯をくりぬき、オレンジジュースにつけて、オーブンで焼くそうです。 強すぎる甘みはなく、あっさりしていて、デザートにおススメです。 パステラリアというよりは、レストランのデザートとして提供されています。


パパス・デ・アボブラ

Papas de Abobra(パパス・デ・アボブラ)

 ポルトガルではかぼちゃのジャムがあるなど、ペースト状にしたかぼちゃに甘みをさらに加えて食べることが多いようです。 このPapas de Abobra(パパス・デ・アボブラ)はかぼちゃのムースです。 シナモンが入っており、意外にも味に深みがあります。 日本でもかぼちゃのお菓子は人気がありますが、ポルトガルではまた違ったかぼちゃの味を楽しめます。


パステイス・デ・テントゥガル

Pasteis de Tentugal(パステイス・デ・テントゥガル)

 コインブラ銘菓Pasteis de Tentugal(パステイス・デ・テントゥガル)は、コインブラを観光するなら確実に押さえなければならないポルトガルのお菓子です。 サクサクのパイ皮と甘すぎない中の餡が絶妙なハーモニーをかもし出します。 見た目をよくするためだけに使われがちな粉砂糖も味を調整するのに一役を買っており、この美味しさは病みつきになるはずです。


ポルトガル料理レシピ (リスボンのくりの家)
 旅の指差し会話帳 ポルトガル版を書いたことで有名なくりかおりさんのWEBサイトです。 ポルトガル料理のレシピは珍しく、写真つきのためどんなものができるかイメージできます。 Arroz Doce(アロース・ドセ:ライスプリン)などポルトガルを代表するお菓子のレシピがあります。 ポルトガルのお菓子をマスターしてパーティーなどで出してみると面白いかもしれません。
Doces (Sala de Shin.t)
 ポルトガルのお菓子が写真つきで紹介されています。 私も食べたことがないお菓子まで紹介されていますので、こちらもぜひご覧ください。
レンタルハウス ゾク・パウロの家
 日本人が経営しているリスボンのカフェ、Castella Do Pauloではレンタルハウスも提供しているようです。 レンタルハウスというのはホテルと違って、特別なサービスはなく、そこで暮らしているように家事などもすべて自分で行います。 ポルトガルの生活をどっぷりと楽しむのに良いかもしれません。

※このサイトおよびリンク先に載っている情報は間違っている可能性があります。このサイトを利用することで生じたありとあらゆる損失に対して当方は一切の責任を負いません。このことに同意いただけた方だけが、このサイトをご利用ください。同意いただけた方も、ご自身で情報を確認されることを強く勧めます。


旅行の前に国際電話のかけ方ガイドをちゃんと調べましたか? 【KDDI】国際電話用プリペイドカード を使えば簡単に安く国際電話ができます。 国際電話用プリペイドカードはこれから留学する人海外赴任する人への贈り物としても人気が高いです。 カードを使って電話をするには各国のアクセス番号が必要です。 旅行の前にKDDIのWEBサイトで確認してください。

海外に留学してみたいけれど、自分一人で留学の手続きをすべて行うのは難しいものです。 どうすればいいかわからないあなたには 地球の歩き方「成功する留学」 がおすすめです。 海外インターンシップも選べるため、選択が豊富です。 まずは資料請求と無料相談をためしてください。

表参道・銀座・新宿・渋谷 bわたしの英会話 は女性のためのマンツーマン英会話だから雰囲気がよく、上達の効率も望めます。 将来のことも考えて、本気で英語をマスターしたいなら良い環境が何よりも必要です。 まずは体験レッスンを試しに受けに行きましょう!

旅行好きでマイルを貯めたいというあなたがクレジットカードを作るなら、みんなが使っている JALカード がおすすめです。 飛行機に乗るだけでなく、買い物するだけでもマイルが加算されます。 お得なプランを利用すれば、効率よくマイルが貯まり、マイルだけで旅行に行けてしまいます。

今は日本だけでなく、海外情報も知っていないとだめな時代です。 ニューズウィーク日本版 では海外の良質な情報をいち早く得ることができます。 定期購読すれば、めんどくさがりな人も否応にでも毎週読むことになるため、急に海外の情報通になれます。 そして、世の中、社会の見え方が変わります。

ポルトガルの医療制度は信用しきれるものではありません。 いざというときのために、保険への加入をおすすめします。 海外旅行保険ならAIU保険 が有名です。 そして、留学時のビザの取得にはしばしば保険への加入が求められます。 私はAIUの海外留学保険 を利用しました。 保険は面倒ですが資料を良く見て決めることが重要です。 まずは、資料請求をしましょう。

海外のビーチはビキニが当たり前です。 小さな子供でもビキニを着ています。 そして、上半身裸というヌーディストも普通にいます。 どうせポルトガルのビーチに行くのなら、せっかくだからちょっとセクシーな水着に挑戦してみてはいかがですか? Lady Cat なら海外のセクシーな輸入水着が手に入ります。

海外に行くならクレジットカードはVISAです。 ポルトガルでは他のカードしかなければ、大変な身にあうこともあります。 VISAをまだ持っていないなら、 三井住友VISAカード に今すぐ入会しましょう。 写真を付けることもできるので、不正利用に対して安心です。 使い勝手がいいので作って損はないはずです。

ポルトガルはエスプレッソコーヒーが美味しいので有名な国です。 ポルトガルの本格コーヒーを飲んだら、高級コーヒーメーカーで毎日の優雅なコーヒータイムを手に入れたくなります。 BMWが作った高級コーヒーメーカー Saeco Talea Giro で贅沢してみるのもいいでしょう。 他人にも勧めたくなる本当の贅沢を知るはずです。

海外旅行は楽しみだけれど、言葉が通じるかが不安だと言うあなたは、 旅の指さし会話帳 を持っていきましょう。 指一本さすだけで、すぐに現地の言葉でコミュニケーションがとれる海外旅行必携の本です。

ポルトガルと言えばサッカーでしょう。 【スクデット】海外サッカーグッズ専門店 なら海外サッカーグッズが買えます。 ポルトガルのナショナルチームや有名クラブチームのユニフォームを手に入れることができます。 これを着て、ポルトガルまで応援しに行ってみませんか?

リゾートに滞在するなら水着通販「ビキニ天国」 をチェックしておきましょう。 セクシーな水着からかわいい水着まで色々と揃えてあります。 このサイトでは、ビキニだけでなく、海外のおしゃれなリゾートドレスも手に入ります。

はじめてスーツケースを買うなら修理保証もついてくる正規品を買いたいでしょう。 それなら スーツケース・旅行グッズ専門店 で探すといいでしょう。 ヨーロッパに旅行するなら、お値段ははりますが、軽くて丈夫なリモワを私は勧めています。 リモワの質の高さは本物です。 現に、私のスーツケースもリモワです。

 「海外旅行にはあまりいかないから、あえて高いスーツケースを買うのはばかばかしい。」 「でも、持っているかばんには海外旅行分の荷物が入らない。」 実は、そんな方のためのサービスがあります。 アイレンタル なら、スーツケースを宅配でレンタルできます。


Copyright © 2009-2010 33Q All rights reserved.